若者の介護離れの理由

最終更新日:

介護職と言うと、3Kと呼ばれることが多いです。これは「きつい、きたない、給料低い」を意味しており、それぞれ「き「で始まることから3Kと呼ばれています。この3Kが若い人の介護離れにつながってしまっているのかどうかを紹介していきます。

介護離れについて考える女性

3Kのうちの1つ「きつい」

介護の3Kの内の1つであるきついという部分は、主に体力的な面で意味することが多いですが、精神的な面できついということを表現することもあります。介護のきつさは、自分の思い通りに仕事を進めていくことが非常に難しい面と言えるでしょう。これはどのようなことかというと介護を受ける人の機嫌によって、スムーズにできることができなかったり、逆に時間を要していくだろうと思ったことが、簡単にできてしまうことがあります。この計画的に、予定を組んで仕事を行うことができないという点は、人によっては非常に大きなきつさを感じてしまうこともあります。
これをきついと感じない人は介護についての理解をしていくことができる要素を持っていると言えるでしょう。

3Kについての「きたない」

3Kについての「きたない」というのは、介護は基本的に下の世話もしていくことになります。それゆえに時にはきたない現場で仕事をしていくことはあります。しかし世間で強調されているような常に汚い現場で仕事をしていくということは現代ではあまり考えられません。というのも施設の質も上がってきており、何より社会の目があります。環境が非常に劣悪なものになっている場合には行政のチェック等が入っていくこともあるでしょう。それゆえに強調されているほどきたないということを感じる人はそれほど多くないと言えます。
ただ、認知症、しかも重度の認知症を患っている人であると、しっかりとした知識がないと対処をしていけないような状況になってしまうこともあり、知識や介護職、業界に対して理解が低い人ほど、現場と理想のギャップがひどくなり、「きたない」ということを強く感じてしまうこともあるでしょう。

給料が低いというと言うが・・・

介護職として仕事をしていく際に、給料が低いということはよく言われます。一般のサラリーマンに比べて低くなってしまうことは多いですが、暮らせないほど稼げないわけではありません。管理職や、ベテランになっていければ、十分な金額を稼いでいけることが多いです。基本的に介護や福祉、医療というのは給料が低くなってしまいがちですが、一度仕事をして技術を身につけていければ、簡単にリストラされるということはそうそうありません。給料が低いということばかり着目されてしまいがちですが、福利厚生がしっかりしているなどメリットが多い場合も当然あります。

介護職の3Kというのは、インターネット等を始めとした誇張された情報が混じってしまっていることもあり、3Kだから仕事ができないと思ってしまうのは非常にもったいないです。興味もないのに仕事がないからという理由で気軽に介護の門をくぐろうとしてしまうと、強烈な3Kに見舞われてしまいますが、しっかりと介護がどのようなものであるのかを理解し、ある程度の心積もりもしておくと、世間一般で言われているほど3kを感じることはないとも言えます。人材不足で基本的にどのような人でも仕事をしていけるという環境が誇張された3Kを作っているとも言えるでしょう。

まとめ

3Kという価値観はありますが、それに捉われず、介護に興味を持ったのであれば積極的に施設等を見学し、就職を検討しても、生活に支障が出るということはあまりないでしょう。体力的に不安がある場合には、夜勤のない福祉施設等も選択できるので検討してみるのはいかがでしょうか。