介護職の年収は適正か

最終更新日:

介護職の一番のネックになってくるのが年収です。介護職の年収は一般職に比べて低い傾向がありこれらは未だ改善されていない状況があります。この背景には介護に対する価値観が時代にあっていないことや、介護業界が閉鎖的なこと介護を便利な業界として利用している社会が影響しています。

介護職の年収について考える女性

介護職に対する価値観や理解に関する問題

介護職は今現在非常に重要と捉えられながら、賃金について改善をしていかないのは、やはり社会が介護についてまだしっかりと理解をしていない状況があります。

本当に危機感を感じているのであれば、すぐにでも社会的価値観の改善を図っていくことになるでしょう。社会全体で「介護」についてはまだどうにかなるという風潮があると言えます。それゆえに抜本的、本格的な賃金改善、報酬体制の改善が図られることが未だない状況と言えるでしょう。

核家族化や、介護が中途半端に注目されている結果、自分の家族を介護することができないという人は多くいます。介護はもはや家庭で行なって当然のものではなく専門家の元行なっていく必要のある規模になっていることは確実です。

介護に対して業界が閉鎖的である

介護業界というのは非常に閉鎖的な特徴を持っています。それゆえに施設ひとつひとつが完全に独立し、施設の中だけで全てが完結してしまうことも少なくありません。

外からの評価や監査等が頻繁に入ることがなければ、環境が一度悪化してしまえば、そのままずるずると悪化してしまいがちです。介護業界を介護業界だけで終わらせてしまうのではなく、他の業界と連携をしていく、しっかりと評価してくれる機関を介入させていくことが必要になるでしょう。

そうすれば有能な人材が低賃金で重労働をさせられる環境を第3者が見抜き止めてくれることもあると考えられます。(介護業界内だけであると「私もやっているのだからあなたもやって当然」という価値観が生まれ、我慢するか、職場を離れるかのどちらかになってしまいがちです)

便利な業界としての介護業界

介護業界というのはしばしは便利な業界として利用されてしまうことがあります。それは仕事がない人に対してとりあえず「介護業界」を勧めていくという風潮、社会の流れです。

そして基本的にどのような人でも介護業界で仕事をしていける現状と組み合わさることで非常に質の低い人材が集まりがちな業界となってしまっています。このような状況で賃金を上げていくというのはなかなか難しく、業界自体が悪い循環に陥ってしまっている状況でもあります。

単に賃金の適正化ということを言うのではなく、適切な人材確保ということもしっかりと考えていかなければいけない状況になってきていると言えるでしょう。

まとめ

介護職の賃金は低いのですが、それにはしっかりと原因があります。特に賃金と関係ないように思われる、人材の確保は介護業界の将来に大きく影響していきます。介護は決して誰にでもできる仕事ではありません。そして社会的にも介護が必要になってきている人はとても増えてきています。
本当の意味で介護業界で仕事をしている人にスポットが当たるようにしなければいけないと言えるでしょう。