介護職の転職に必要な送付状・添え状の書き方(サンプル有り)

最終更新日:

送付状は送り状・添え状・カバーレターなどとも呼ばれ、書類を送付するときに礼儀として同封するものです。介護職の仕事では送付状が必要になる場面はほとんどありませんが、一般企業に勤務するひとは誰でも知っている基本的なマナーです。

基本的には何を送付したのか、誰が送付したのか、なぜ送付したのかなどを記載することで、読み手に書類を読む手助けをすることが目的です。

送付状の有無で合否が決まるというほどではありませんが、送付状が書ける人はマナーがしっかりしているひとだという印象を与えることができるので、書類選考を少し有利に進めることができます。

ここでは基本的な書き方をご紹介します。

»介護職向け送付状のサンプルのダウンロード(Word形式)

sofujyo

1.履歴書や職務経歴書と日付を揃えます。日付は基本的には書類を発送する日を書けば問題無いです。

2.正式な組織名を記入します。「医療法人●●会」なども省略しません。担当者の氏名が分かれば氏名を書きます。担当者の氏名が分からないときは「採用ご担当者様」と書きましょう。

3.上から住所、電話番号、名前の順に記入します。病院によってはメールで合否連絡をする場合もあるので、メールアドレスを記入しておくとベターです。書かなくても問題は無いです。

4.まずは「拝啓」を書き、時候のあいさつを入れます。時候のあいさつは季節によって変える方がベターですが、どの時期でも使える「拝啓 貴院ますますのご隆盛のこととお慶び申し上げます。」「拝啓 貴院ますますのご清祥のこととお慶び申し上げます。」で問題無いでしょう。

5.募集している求人媒体によって、窓口が異なる場合もあるので、どの求人媒体(求人雑誌、転職サイト)で募集を知ったは書いた方がいいです。複数職種で募集していることもあるので、どの職種に応募するかも記入します。

6.なくてもいいですが、簡単な自己紹介をすると優先的に読んでもらえる可能性があります。

7.最後は必ず「敬具」で終わります。

8.同封した書類の内容を記入します。「以上」も必ず書きましょう。

»介護職向け送付状のサンプルのダウンロード(Word形式)