介護職が転職する理由TOP5

最終更新日:

介護の業界から他の業界に転職をしていく、あるいは他の職場に転職をしていくことを選択にいれる人はどのような理由を持っているのかをランキング形式で紹介していきます。現状介護にどれだけ理解を示していても、それ以外のことで転職を選択してしまう状況がありこれらは将来的に改善をしていかなければいけない問題となるでしょう。

転職することを悩む介護職

5位 家庭の事情

妊娠や結婚、あるいは引越し等の家庭の事情で職場を変えていくというケースがこれに該当します。決してそれほど頻繁にあるわけではないのですが、単身赴任が多くなるようなパートナーがいる場合、引越し等を検討していく人もいます。結婚等で環境が大きく変わることで転職をしていく人もいます。全てがネガティブな理由ということではなく、新しい一歩を踏み出すための転職になるケースが多い理由のひとつです。

4位 健康的な問題

介護業界そのものから転職をしていく理由の1つです。介護をしていきたいと思っていても介護をすることができない状況ゆえに転職を選択していきます。介護というのは体が資本であり、その資本を上手く活用できなくなってしまえば仕事を続けていくことは困難になります。
職場によっては事務的な作業や、相談等の体力をあまり利用しない(それでも一定の体力は必要です)業務で仕事を可能にしてくれるところもあります。

3位 施設の方針、雰囲気に適応できない

意外と多いのが施設の方針や雰囲気が合わないことでの転職です。介護の現場の雰囲気というのは職場によって千差万別です。介護独特の雰囲気が苦手という人にとってみるとこの理由はなかなか無視できない理由になってしまうことが多いです。施設の方針は介護の方針と直結していくためここで不満が生まれてしまうと仕事も上手くできなくなってしまうことは多々あります。
自分に合う施設を探していくのも良いでしょう。

2位 待遇への不満

やはり多いのが待遇への不満です。これは給料等を含めたものです。この給料についても職場によって千差万別なので、1つの職場で待遇が悪かったから全ての介護施設の待遇が悪いと判断をしてしまってはいけません。
純粋に待遇が理由であるならば、介護への関心は失ってしまわないことが多いですが、待遇への不満を持っていく場合には、他の理由が隠れていることもあり、業界そのものから手を引いてしまう人も少なくないです。

1位 人間関係のトラブルが多い

一番多い転職理由は人間関係によるものです。介護の現場というのは多くのタイプの人が集まってくるような気がしますが、意外と一定の傾向を持った人が集まってくることも多いです。これが介護にしっかりと理解をしめしている人等の特徴を持っているのであれば良いのですが、「仕事がないから」「他の仕事を続けることができなかったから」等の特徴を持っている人も少なくありません。一生懸命仕事をしているのであれば何も問題はないのですが、同じ特徴を持った人が集まり、閉鎖的な空間ができてしまうことで、立場的な優劣、人間性の上での優劣等ができてしまい非常に居心地の悪い環境になってしまうこともあります。
人間関係による問題は職場を変えていくことで解決することが多いです。

まとめ

介護の業界から転職、職場を変えていく背景にはその業界の問題点が隠れていることが多いです。転職する人が多い現状というのは、それだけ問題点が見やすい状況と考え、業界そのものが改善傾向に動いていくことが大切になっていくでしょう。

SNSでシェア