看護師が病院に履歴書を送る時の送付状(送り状・添え状)のテンプレートと書き方

最終更新日:

送付状は送り状・添え状・カバーレターなどとも呼ばれ、書類を送付するときに礼儀として同封するものです。病院勤務の看護師にとっては見慣れないものかもしれませんが、一般企業に勤務するひとは誰でも知っている基本的なマナーです。

添え状で合否が決まることはありませんが、送付状でさりげなく自分をアピールすることができれば、担当者の記憶に残りやすくなり、書類選考が通る可能性も高まります。ここでは送付状を書くときのポイントをご紹介します。

【テンプレートのダウンロード】
»Word版をダウンロードする
»Pages版をダウンロードする

看護師の転職に使う送付状

  1. 履歴書や職務経歴書と日付を揃える
  2. 正式な病院名を記入する。「医療法人●●会」なども省略しない。担当者の氏名が分からないときは「採用ご担当者様」と書く
  3. 上から住所、電話番号、名前の順に記入する。病院によってはメールで合否連絡をする場合もあるので、メールアドレスを記入してもいい。
  4. まずは「拝啓」や時候の挨拶などの頭語を入れる。「拝啓 貴院ますますのご隆盛のこととお慶び申し上げます。」「拝啓 貴院ますますのご清祥のこととお慶び申し上げます。」などでいい。
  5. どの求人媒体(求人雑誌、転職サイト)で募集を知ったか、応募意思、応募する職種を記入する。
  6. なくてもマナー違反ではないが、簡単な自己紹介があると応募意欲をアピールできる。1〜3行程度を目安にして、長々と書かないようにする。
  7. 最後は必ず「敬具」で終わる。
  8. 同封した書類の内容を記入する。「以上」の記入も忘れずに。

【テンプレートのダウンロード】
»Word版をダウンロードする
»Pages版をダウンロードする

SNSでシェア