もう辞めたい!給料の低さに悩む看護師のための3つの解決策

最終更新日:

志望動機について考える看護師

世間一般的には看護師は高給与だと言われ、羨ましがられることも多いのではないでしょうか。しかし、それは大きな有名病院など一部の話。中小規模の病院や施設でも場所によっては、OLよりも給料が下がってしまうなんてこともザラにあります。どうにかこの状況から抜け出すため、給料の低さについての解決策をまとめました!

看護師の給料が思ったより高くない理由

実際に夜勤をしながら常勤で働いていると、地域差はあれど年収400~500万円ほどで、女性の職業のなかでもお給料はいい方だといわれています。しかし、それは夜勤手当がついていての話です。2交代でいえば月4~6回、月5~10万円ほどが基本給に対して上乗せされるわけです。そのため、日勤の給料でいえば同年代の会社員よりも給料が下がることもあります。

看護師の給料が低いのは、病院や施設の収入源は診療報酬によって決められていることが一ついえます。看護師の仕事の頑張りや成果によって売り上げがアップするわけでもなく、収入源の天井が決まっているため、そのなかで人件費や材料費、その他の経費などをうまく管理していきます。そのため、いち看護師がどんなにその職場で頑張っても給料がすぐに上がるということは難しいのです。

給料の低さに対する解決策

1.他の職場との給料差、地域差を調べる

自分が働いている職場の給料が低い高いというのは、主観で感じるだけでなく、しっかり周辺の同規模の病院や施設でどのような状況なのか調べてみましょう。もしかしたら、思っていたより平均であるかもしれませんし、平均以下かもしれません。

なかには給料が相場以下の劣悪な環境も存在します。自分のところはブラック職場ではないか、まずは、自分が働いている職場を知ることからスタートです。また、地域によっての違いも出てきます。都心に近づくほど給料は高めになりますが、東京だからといって、高給与なところばかりとは限らないので注意が必要です。こうした地域差も一緒に調べてみましょう。

2.福利厚生内でできること

たとえば、給料が低いと言っている人のなかに家賃が高めのところに住んでいることはありませんか?総合病院などの場合には、借り上げアパートや寮が完備されているところもあります。そうなると家賃が全額~一部病院負担であるために月々数万円は浮くことになります。意外とこれが生活に響くので、独身のうちは借り上げアパートや寮があるところで給料で手元に残る分を減らさないという方法もあります。

また、世帯主であれば住宅手当が一部出るというものもあります。月いくら以上の家賃であることや条件はありますが、その手当を使うことで家賃が安くなるのです。こうした使える福利厚生はなるべく活用して、お金の負担を減らしていくことができます。

3.今よりも給料のいいところへ転職

現状、今いる職場で給料を上げることは、昇格して主任や師長になること、認定や専門看護師の資格を取ること以外の方法はほぼありません。昇格や資格もそれなりに期間が必要です。そのため、給料を上げたいと考えるならば、もう転職しか方法はないと言っても過言ではないです。

しかし、給料のいいところへ転職する際には気を付けることはいくつかあります。

  • 転職サイトやホームページの数字だけで決めない
  • 給与の詳細をチェックする
  • 給与がいいところは何かしら裏がある

転職サイトなどでは、高給与を謳っているところも多いですが、ふたを開けてみると、福利厚生の住宅手当、家族手当が入ったMAXの状態だったことなどはよくある話です。給料のトータルをみるのではなく、基本給がいくらで手当がどのようなものがついてこの給料なのかということと、自分自身の経験年数の場合にはどのくらいになるのか見積もりを出してもらえるところがおすすめです。

また、給料がいいところには何かしら裏があります。実は休日数が少なかったことや、一日の労働時間が長めであったことなどもあります。若手しかおらずに管理できる人がいないというスタッフの環境などもあるため、なぜこの高給与が出せるのか、詳しく調べていく必要があります。これらのことを注意しながら求人を探していきましょう。

高給与がもらえる職場にはいくつか種類があります。病院でも大学病院や経営母体が大手企業であるところは、給料形態が平均以上であることが多いです。また、大きな病院以外でも自由診療を取り入れている施設やクリニックなども比較的給料が高めに設定されています。診療科でいうと、美容系・皮膚科・メンズ・ウィメンズクリニックなどです。こうしたところを基準に求人を選ぶ方法もあります。

まとめ

現状、看護師の給料を上げる方法はあまり多くありません。頑張っても成果を出して、給料を上げることができない職種のため、転職を視野に入れてやることが一番手っ取り早い方法になります。うまく転職サイトを活用して少しでも給料をアップさせていきましょう!

SNSでシェア