上司・目上の看護師に怒りを感じたときの5の対処法

最終更新日:

怒る女性

1.落ち着いて考える

まずは落ち着きましょう。怒りに任せて、言ってはいけないことを言ってしまったりしたら、その上司との関係改善に苦労することになります。

最悪の場合、退職しなければならないことになるかもしれません。

今すぐに落ち着く事ができなくても、怒りを感じたらとりあえずその場を離れるようにしましょう。そして、できるかぎり自分が冷静になれるように最善の策を尽くします。

2.愚痴りたいだけ愚痴ろう。ただし、職場以外のひとに。

怒りを感じたときに愚痴る事は悪い事ではありません。愚痴る事で気分がすっきりすることもありますし、愚痴っているうちに自分の非に気付くことだってあります。

なので、愚痴りたいときには我慢せずに愚痴るようにすます。ただし、職場のひとに愚痴ってはいけません。その愚痴がどこかで本人に伝わるかもしれないからです。

できるかぎり、自分の職場に関係がないひとに愚痴るようにしましょう。

3.上司の立場になって考えてみる

自分の視点から考えると理解できないようなことでも、相手の視点に立って考えると仕方ないことだと気付くこともあります。

特に上司というのはその役割にならないと分からないことも数多くあります。自分が上司だったら自分にどう接していたか。それを考えてみましょう。

4.上司に完璧さを求めない

上司・目上の看護師だからといって自分より仕事ができるとは限りませんし、必ずしも人格的に優れているわけではありません。

上司に完璧さを求めると、そのギャップがあったときに苦しくなります。上司でもミスはあるし、人間的に不十分かもしれません。

「上司とはこうあるべき」とは思わず、上司でも仕事上のミスや理不尽なことを言ってしまうことがあるということを理解してあげるようにしましょう。

5.話し合いの機会を作る

怒りを内に秘めておく事は決していいことではありません。ストレスが溜まりますし、問題がなかなか解決しない原因になってしまう可能性があります。

上司と話し合いの機会を作り、上司の考え方を聞き、自分の考えを言葉で伝えるようにしましょう。面と向かって話し合うことで、お互いに対する理解が深まり、怒りの感情も静まる効果を期待できます。