看護師が女性同士の人間関係をスムーズにする方法とコツ

最終更新日:

4人の看護師

悪口退会に参加しない

女性が数人集まると、その場にいない女性の悪口大会が始まることがあります。

みんなに合わせるように自分も悪口を言ってしまいそうになりますが、そういうときはぐっと我慢して悪口は言わないようにしましょう。うなづいたり、肯定的な相づちをするのもよくありません。

自分ではそれほど悪く思っていないのに、「〜さんがあなたの悪口言ってたよ。」とちくられてしまえば、あなたへの信頼がなくなり、そのひととの関係が崩れてしまうからです。

できるだけ、その場から離れるか、話題を変えるなどして、悪口大会に加わらないようにしましょう。

親しき仲にも礼儀有りを忠実に実行する

ある程度仲よくなると、ついつい礼儀をおろそかにしてしまいがちです。あいさつや約束を守ること、ちょっとした心配りなど、仲良くなる前にはきちんとしていたことを、仲良くなってからも心がけるようにします。

特に先輩に対しては、特に注意します。先輩に嫌われる原因は大抵の場合、ちょっとした礼儀ができていないことが原因であることがほとんどだからです。ちょっとやり過ぎるくらいに礼儀正しくしましょう。

また、後輩だからといって適当に接するのはよくありません。後輩が発火点となり、同期や先輩から嫌われてしまうこともあるからです。

後輩でも礼儀をわきまえて接するようにし、相手によって態度を変えるようなことはしないようにしましょう。

自慢やのろけ話は百害あって一利なし

女性は自分より幸せなひとに嫉妬してしまうものです。無意識のうちに話した事が相手の嫉妬を引き起こしてしまいがちです。

その意図がなくとも、自慢やのろけ話のように相手の嫉妬を招くようなことはしないようにしましょう。

また、自分が嫉妬しないようにすることも大事です。嫉妬が原因でその女性に怒りぶつけて、関係を悪くしたりすることがあるからです。

嫉妬しないようにするためには、他人と比較するのをやめることが大切です。隣の芝は青く見えるというように、自分以外のひとは自分より幸せそうにみえてしまうものです。「自分は自分、相手は相手」と割り切って考えるようにし、不必要な嫉妬を減らすようにしましょう。

SNSでシェア