看護師が退職時に病院に返すもの・受け取るもの

最終更新日:

退職時にはこれまで職場側からから借りていたものは返却しないといけませんし、逆に職場から受け取らなくてはならないものもあります。返却や受け取り忘れが生じると、最悪の場合、転職ができないというトラブルが発生します。病院からも指示がありますが、用意できるものは自分で先に準備しておくとスムーズです。

書類

会社に返すもの

■健康保険被保険者証
退職すると加入していた健康保険は脱退しなければならないので、保険証は忘れずに返却します。これを怠ると後々郵送することになって、色々面倒です。

■IDカードなどの身分書類
退職したらその病院の職員ではなくなるので返却します。名刺をもっているひとはそれも返します。

■制服
借りている制服や靴があるようであれば返却します。特に指示がなくても洗濯してアイロンをかけるなり、クリーニングして返すのがマナーです。

■通勤用の定期券
病院によっても異なりますが、現物支給の場合は通勤用の定期券は基本的に返却するか、定期券の発行窓口で清算するようにします。

■病院の備品
病院の経費で購入した病院の備品は自分しか使っていないようなものでも返却します。

■病院で購入した資料や書類
自分で作成したものでも資料や書類は病院の資産ですので、USBメモリなどに入れて持ち帰ることはできません。

会社から受け取るもの

■雇用保険被保険者証
雇用保険の手続きに必要なものです。受け取ったら転職先に提出するようにしましょう。

■離職票
退職後10日以内に交付されます。失業手当の受給手続きには必ず必要になるものなので、どうやって受け取るかは事前に総務や人事に相談するようにしましょう。病院によっては交付が遅くなることもあるので、10日以内に交付されなければ催促します。なお、退職時に転職先が決まっている場合には必要ありません。

■年金手帳
厚生年金保険の加入を証明する手帳です。失業中や転職先の病院でも必要になるので必ず受け取るようにしましょう。

■源泉徴収票
税金の申告に必要です。年内に転職した場合には転職先に提出します。年内に転職しなかった場合でも確定申告に必要です。

SNSでシェア