看護師の転職理由3:スキルアップしたかったから

最終更新日:

笑顔の看護師

専門性を高めたい

看護師は特定の分野のスペシャリストを目指すか、幅広い看護スキルをもつゼネラリストを目指すかのどちらかになります。

スペシャリストの道を選択したときに、考える事は、「今の病院でその専門性を高めることができるのかどうか」です。

例えば、救急看護のスペシャリストを目指している場合、現在勤めている病院では十分なスキルアップが見込めなかったとします。すると救急医療の最先端の病院で勤務したほうがいいという考えになりますね。

このように、専門性を高めようとすると、必ずしも今の勤務先に居続けることがベストな選択肢でなくなる場合があります。

こういうときに転職を考えることになります。

資格取得や大学進学を考えている

最近では、看護師としてのキャリアアップとして、認定看護師や専門看護師の資格を取得するひとも増えています。

しかし、どちらも時間とお金が必要で、それを支援してくれる病院でないと、資格の取得が難しい場合もあります。

資格取得の費用を全額補助してくれるところや、通学中の給与も一部支給してくれるところもある一方で、資格取得の支援にあまり積極的でないところもあるからです。

自分の病院が支援に積極的でなければ、転職して資格取得を支援してくれるところに就職するしかありません。

最新の医療に触れたい

クリニックは看護師に人気の転職先のひとつですが、クリニック勤務の看護師ならではの悩みもあります。

それは最新の医療に触れる事ができないという点です。

クリニックでも最新の医療を取り入れているところもありますが、やはり大学病院のようなところ比べると、設備や専門医は不足しています。

長期的な看護師としてのキャリアを考えると、最新の医療に触れられないことは大学病院などの看護師と知識やスキルの面で差がついてしまいます。

これを気にして、転職するというのも多くあります。