仕事が辛い!薬剤師の転職理由10選

最終更新日:


「いじめにあって辛い」「給料が安い」「通勤がきつい」など、仕事が辛くて辞めたいと考える薬剤師は少なくはありません。

働きやすい職業と言われることが多い薬剤師ですが、実際にはさまざまな悩みが付きものです。

転職をして環境を変えることもできますが、「こんな理由で転職しても大丈夫?」「他の人はどんな理由で転職してるの?」と、まわり状況も気になりますよね。

そこでここでは、実際にどのような悩みが多いのか、薬剤師の転職理由10選をご紹介していきます。

薬剤師の転職理由10選

今の職場で努力しても悩みが解決しない場合には、転職という選択肢を選ぶこともあります。転職の動機となることの多い理由を10個にまとめましたので、順にご紹介していきます。

1.年収・時給が低い

年収や時給に不満があるため、転職をして高収入を目指すというパターンです。どんなに仕事にやりがいがあったとしても、お給料が低すぎる職場では、長期的に働き続けることはできません。

特に、病院薬剤師や小さな調剤薬局の薬剤師は年収が低いことも多く、長く勤めてもなかなか年収が上がりません。大手チェーン調剤やドラッグストアに転職をしたり、管理薬剤師や薬局長などの役職に就くことで、年収アップを目指すことができます。

2.人間関係が悪い

職場における人間関係が悪く、業務に支障をきたしてしまうということもあります。薬剤師は周りのスタッフと協力して仕事をしなければならず、人間関係はとても重要です。しかし、一度人間関係がこじれると、修復することは難しい場合がほとんどです。また、調剤薬局や病院では女性の比率が高く、女性の職場特有の問題も発生します。

合わない人と毎日顔を合わせるのは苦痛なので、人間関係を理由に転職することも立派な動機です。まずは関係が改善するように取り組み、どうしてもという場合には転職によって職場を変えてみましょう。

3.通勤時間が長い

「満員電車に揺られて片道1時間以上かかる」「渋滞で長時間運転しなくてはならない」など、通勤時間が転職の理由となることもあります。通勤はプライベートの一部なので、自宅から近い職場に転職することができれば、時間を有効活用することができます。

チェーン展開をしている調剤薬局やドラッグストアであれば、まずは会社の中での異動を検討しましょう。希望が通らない場合や自宅のまわりに店舗がない場合には、転職という選択肢をとることがおすすめです。

4.残業が多い

「人手不足で残業が日常化している」「時短社員が多く、自分だけが毎日残業している」など、残業が多いことも転職理由の一つとなります。特に子どもがまだ小さいなど、ワークライフバランスを重視している場合には、残業の多さは重要なポイントとなります。

スタッフの充足度や雇用形態などを確認して、残業の少ない職場を選ぶようにしましょう。処方元に左右されることのない、ドラッグストアやメーカーの方が残業は少ない場合もあるので、業種を変えてみることもおすすめです。

5.福利厚生が悪い

薬剤師は女性の比率が高く、出産や育児などのライフイベントの影響を受けやすい職業です。産休育休や時短勤務、有給休暇などをしっかりと取得できることは、非常に重要です。もちろん、男性が育児に参加している家庭も多いので、性別を問わずこれらは取得したいものですね。

これらの制度が整備されていない職場では、長期的に働いていくことは困難です。転職によって環境を変えるという選択肢もあるでしょう。大手チェーン調剤や企業、ドラッグストアなどは福利厚生に優れており、人気の職場です。

6.日祝日を休みたい

ドラッグストアや急性期病院など、年中無休の職場に勤務している方においては、日祝日をしっかりと休みたいという理由で転職を考えるケースもあります。子どものイベントやお出かけを考えると、日祝日を休める職場は魅力的です。

調剤薬局では土日休みの店舗はほとんどありませんが、日祝日が休みの店舗は珍しくありません。また、製薬会社などの企業では、暦通りの休みを取得できるため、ワークライフバランスに優れておりおすすめです。

7.責任が重すぎる

一人薬剤師を任されてしまい、責任の重さを理由に転職を考える方も少なくはありません。管理薬剤師や薬局長を任されている場合にも、薬局やスタッフの管理責任がつきまといます。管理職でなくても、ハイリスク薬が多い職場では、薬剤師としての責任は重大です。

責任が全く無い職場というものはありませんが、複数のスタッフで相互確認を行うことで、責任をうまく分散させることは可能です。チェック体制などに力を入れている薬局や企業を、転職先の候補とすると良いでしょう。

8.仕事がきつい

「ドラッグストアで品出しが多い」「MRで早朝から深夜まで仕事がある」「薬局の処方箋枚数が多すぎる」など、仕事の負荷が大すぎる場合にも、転職を考えてしまいます。お給料が高ければ我慢できる場合もありますが、大変なのに薄給という場合では、長く続けることは難しいでしょう。

楽で高給という職場はなかなか見つかりませんが、ワークライフバランスに優れた職場は決して珍しくはないので、転職エージェントに希望の条件を相談してみると良いでしょう。

9.やりたい仕事ができない

「メーカーで働いているけど、やっぱり臨床をやってみたい」「調剤薬局で働いているけど、急性期病院の仕事がしたい」など、現在の職場でやりたい仕事ができないというパターンです。「以前からの夢を叶えたい」という方に多い転職理由です。

人生は一度限りなので、やりたい仕事に挑戦するという理由で転職することは、全く問題ありません。転職を繰り返さないためにも、妥協せずにやりたいことが確実に出来る職場を見つけましょう。

10.スキルアップをしたい

薬剤師にとって、スキルアップをしていくことは非常に重要です。さまざまなことに挑戦して、いろいろなスキルを身に着け、理想の薬剤師を目指しましょう。現在の職場に自らが望むスキルアップの環境がない場合には、転職という選択肢も検討しましょう。

転職に際しては、まずは自分を見つめ直して、やりたいことや身に着けたいスキルを明らかにしましょう。「在宅に挑戦してみたい」「もっと多くの科目を経験したい」など、具体的にすることが重要です。

まとめ

薬剤師に多い転職理由をご紹介していきました。

スキルアップやキャリアアップを目指したポジティブな理由で転職を考える場合もありますが、転職理由は必ずしも立派である必要はありません。

置かれている立場や状況は人それぞれなので、ネガティブな理由で転職しても、問題はないのです。

ただし、転職理由を正直に話しすぎることも、デメリットとなる場合があります。専門の転職エージェントなどを活用しながら、うまく転職活動をすすめましょう。

SNSでシェア